HOME>注目記事>治療を行うことによって妊娠の可能性が高まる

治療を開始することの大切さ

カウンセリング

妊娠するためには排卵日に卵子と精子が出会わなければなりません。排卵日が特定出来ていてタイミングがバッチリ合った場合に関しては約80%の確率で受精します。そしてそこから受精卵が着床する確率は大体20%前後です。タイミングを合わせたとしても5回に1回の確率でしか妊娠には至りません。大阪には不妊治療を行っているクリニックがたくさんありますので、なかなか妊娠しない場合はクリニックを受診することをおすすめします。何もしなくても自然妊娠するかもしれませんが、肉体的に重大な原因がある可能性も否めません。原因を突き止めるという意味でも受信したほうが良いでしょう。

専門的な治療を行う

結婚して子作りをしても2年以上妊娠しない場合は何かしらの原因がある可能性が高いですから、不妊治療を行っているクリニックを受診することをおすすめします。その際に基礎体温表があると便利ですので持参してください。年齢が上がるにつれて妊娠率は低くなりますので、不妊かもしれないと疑うようであれば早めの段階で治療を行いましょう。大阪では最先端の技術を駆使した不妊治療が行える不妊クリニックもあります。専門的な治療をおこなうことによって妊娠率が上がります。

需要が高い理由とは

日本は以前に比べると晩婚化が進んでいます。初産平均年齢も30代を突破しています。少子化が進んでいる理由としては晩婚化が挙げられるのです。女性は特に35歳から急激に妊娠率が下がります。妊娠率が下がると自然に妊娠するのも難しくなるのです。ですから不妊治療を行う人が増えてきたといっても良いでしょう。大阪にあるクリニックで治療を行う場合は不妊治療の内容や料金、評判などを比較した上でクリニックを決めてください。

広告募集中